関西タクシー転職情報研究所

大阪・京都・神戸でタクシードライバーの求人をお探しの方必読

タクシードライバーの給与 地域別タクシー情報 未経験者の気になること 求人の見方・選び方

京都でタクシー乗務員への転職を考えているなら、求人情報の中から年収350万円以上で働ける会社を見つけ出そう!

投稿日:

会社に勤めている多くの方は、1度くらい転職を考えたことがあるのではないでしょうか。
もちろん実際に行動に移すかどうかは別です。
しかしより良い待遇や職場環境を求めるのはごく自然なことです。

転職の選択肢は非常に幅広いですが、その中の1つにタクシー乗務員があります。
もし京都でタクシー乗務員への転職を目指すなら、年収350万円以上が基準になるかもしれません。その理由を解説していきます。

タクシー乗務員の平均年収はどれくらい?

タクシー乗務員の平均年収は、2017年度でおよそ332万円となっています。
ただ、この数字は全国平均なので、エリア別に見ると上下の幅はかなり大きいです。

まず、全国でもっとも平均年収が高いのは東京都で、およそ417万円です。
これに続くのが神奈川と愛知で、それぞれおよそ384万円、378万円と、上位3都県は全国平均を大きく上回っているのがわかります。

続いて下位を見ていきます。
全国でもっとも平均年収が低いのは秋田で、その数字はおよそ226万円です。
これに続くのが宮崎と鹿児島で、それぞれおよそ230万円、241万円です。
下位3県はいずれも全国平均を100万円近く下回る低い数字です。

上位と下位のエリアを見るにつけ、タクシー乗務員の平均年収は人口密度の高い都市部ほど高い傾向にあると言えるでしょう。
では京都の平均年収はどうなっているのでしょう。
京都の平均年収はおよそ307万円で、これは全国平均よりもおよそ25万円低い数字です。

京都は人口も多く、観光地としても人気のエリアなので、意外に感じる方も多いでしょう。
しかし京都は全国平均ではなく、都道府県別順位で見れば上位にランクするエリアです。

そもそも平均年収が300万円を超えるエリアは少なく、全国平均は上位にランクするエリアが大幅に引き上げていると考えられます。
ならば京都でタクシー乗務員に転職しても年収350万円以上は不可能なのかと言えば、必ずしもそうではありません。
タクシー乗務員の特徴を知れば、年収350万円以上も可能なのです。

タクシー乗務員の特徴

タクシー業界は他の業界に比べて特徴的な面が多くあります。
この特徴を把握することが、年収350万円以上への第一歩です。
そこで具体的にはどのような特徴があるのか、これから紹介していきます。

勤務形態
タクシー乗務員の勤務形態は主に4種類あり、昼日勤・夜日勤・隔日勤務・定時制のいずれかで勤務することになります。
昼日勤・夜日勤は一般企業でいうところの日勤・夜勤にあたります。
そのため、勤務時間や休憩時間は一般企業と基本的に変わりません。

隔日勤務はタクシー業界独特と言える勤務形態で、1日おきに出勤と休日を繰り返すようなイメージになります。
そのため毎月の出勤日数は少ないですが、1勤務あたりの勤務時間は長時間に及びます。

定時制はいわゆるパートやアルバイトのような勤務形態で、毎月の勤務日数や時間に制限を設けた勤務体系になります。

給与形態
タクシー乗務員の給与形態は歩合が基本です。
完全歩合制であれば毎月の売り上げが給与に直接影響するので、売り上げが多い月は給与も多く貰えます。
しかし売り上げの少ない月は給与が下がるリスクもあります。

完全歩合制のリスクを抑えた給与形態が、固定給と歩合給を組み合わせたものです。
完全歩合制よりも歩率は抑えられていますが、一定額の給与が保証されているため、どれだけ売り上げが悪くても毎月給与が貰える安心感があります。

賞与があるのも特徴ですが、賞与を歩合制にした給与形態もあります。
これは毎月の売り上げのうち、一定割合をプールしておき、後に賞与として支給するものです。
この形態は頑張りが賞与に反映されるので、やりがいも大きいと言えるでしょう。

このように、タクシー乗務員は歩合が基本なので、売り上げを伸ばせば年収350万円以上も可能なのです。

タクシー乗務員の稼ぎ方

タクシー乗務員の営業方法は主に3種類あります。
タクシー会社からの要請により、特定の時間・場所に利用者を迎えに行く「無線配車」、駅前や病院のタクシー乗り場で利用者を待つ「付け待ち」、街中を流して利用者を見つける「流し」がそうです。

特に「流し」は売り上げを伸ばすためにも、効率よく行う必要があります。
ただ闇雲に街中を流しても、利用客はそう簡単には見つかりません。
利用客を見つけるためには、想像力を働かせる必要があります。

たとえば終電を過ぎた駅前なら、電車に乗り遅れた利用客がいるかもしれません。
イベント会場なら、人混みを嫌って移動にタクシーを選ぶ利用客もいるでしょう。
タクシーの需要が増す状況を想像して街中を流せば、利用客を見つけやすくなります。
また、周辺の情報をマメにチェックすることも重要です。

雨が降るとタクシーの需要も増すので天気予報は常にチェックしておきたいですし、時間帯によって人通りに差がある場所もあります。
こうした情報を集めることで計画も立てやすくなり、無駄に街中を流すだけの時間を減らすことができます。

また、外国人観光客に対応できるかどうかも稼ぎに影響するでしょう。
特に京都は日本有数の観光都市なので、外国人観光客の数も多いです。
タクシー会社によっては研修や講習会を開いて、外国語の対応に力を入れているところもあります。

しかしタクシー乗務員にとって、外国人観光客の対応はまだ難易度が高い、というのが実情です。
すでに英語や中国語などの外国語を話すことができるのであれば、稼げるチャンスは大きくなると言えます。

求人情報をしっかり見比べよう

京都でもタクシー会社によって採用条件は違うので、求人情報はよく確認しておく必要があります。
特に給与形態は、誤解すると生活に支障をきたすことになりかねないので確認必須項目です。

他にも事故補償や社員教育、福利厚生なども、安心して勤められるかどうかの重要ポイントだと言えるでしょう。
求人情報を見比べて条件をしっかり見極めれば、年収350万円以上を目指すことも不可能ではありません。

-タクシードライバーの給与, 地域別タクシー情報, 未経験者の気になること, 求人の見方・選び方
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タクシードライバーになると、いろいろなメリットがある!

タクシードライバーになると、いろいろなメリットがある!

タクシードライバーという仕事は、一見するとかなりきつい仕事のように思われます。確かに体力を要する仕事ですが、その分いいこともたくさんあります。 これからそのメリット面を解説していくので、納得がいった人 …

京都でタクシードライバーへ転職するなら知っておこう!タクシー会社の選び方はコレがおすすめ

京都でタクシードライバーへ転職するなら知っておこう!タクシー会社の選び方はコレがおすすめ

タクシードライバーへの転職には、タクシー会社選びが重要です。未経験でも安心して働ける会社を選ぶと、やりがいもあがり、売り上げも上がるようになるでしょう。 では、そのようにして会社を選べばいいのでしょう …

給与

タクシードライバーの給与っていくらなの?

このページでは、タクシードライバーの給与の情報をまとめています。 タクシードライバーの給与っていくらなの? タクシー運転手の給与は、安いのではと思っている方も多くいるかもしれません。しかし求人や転職サ …

神戸市でタクシードライバーへ転職するなら、正社員でのハイヤードライバーを視野に入れること

神戸市でタクシードライバーへ転職するなら、正社員でのハイヤードライバーを視野に入れること

神戸市は観光都市として知名度が高いためタクシードライバーが個人タクシーを含め多く走っています。 自由時間が多く自分のペースで稼げるため他業種からの転職を行う人も多く、第二種運転免許を所持しているなら活 …

飲食業界から転職

飲食業界から未経験でタクシードライバーへの転職

国内外に関わらず、誰しも一度は利用したことがある「タクシー」。 自動車やバイクなどの運転免許を持っていない人が使ったり、バスや電車などの公共交通機関が走っていない時間帯に利用したり、様々なシーンが考え …