関西タクシー転職情報研究所

大阪・京都・神戸でタクシードライバーの求人をお探しの方必読

タクシードライバーの給与 タクシー会社の本音と実態 地域別タクシー情報 未経験者の気になること 求人の見方・選び方

サービス業への転職を考えているなら、正社員雇用のある大阪のタクシー乗務員をおすすめする理由

投稿日:

サービス業への転職を考えているなら、正社員雇用のある大阪のタクシー乗務員をおすすめする理由
今、働いている仕事が、顧客の反応をダイレクトに感じにくく、やりがいを感じない、何となく物足りない、などモチベーションが上がらないと、「転職」という言葉が頭に浮かんでくると思います。

もし、少しでも転職を考えているのならば、これからの記事は何かの参考になるかもしれません。
そして、転職でサービス業を考えているというのなら、タクシー業界をおすすめします。

タクシー業界に転職するメリット

仕事に対する不満の多くは、細かく分類すると、人間関係、評価・給与、職場環境などに分けられます。
タクシードライバーという仕事は、これらの不満を改善できる可能性が高いです。

まず、人間関係はほとんど心配いりません。
なぜなら、仕事時間のほとんどを自分の車の中で過ごすからです。

正社員となれば、会社に所属するので、出勤・退勤は会社の事務所などで行いますが、残りの時間はほぼ1人。
休憩も好きな場所でとることができます(駐車には、交通ルールを守る必要はありますが)。

ただし、入社当初の研修は、先輩社員や指導係が付くことがほとんどです。
また、後に触れますが、給料は歩合制のところが多いので、会社の同僚もライバルとなります。

ですが、会社自体に助けあう風土があれば、とても働きやすいのですが、同僚などがお客さんを奪いにくることもあるので、就職会社を選ぶときには会社の風土にも注意してみてください。

評価や給与はとてもわかりやすく、歩合制の会社がほとんどです。
つまり、お客さんを多く乗せれば乗せるほど、給料が上がっていきます。

「一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会」の統計資料によると、平成30年のタクシードライバーの全国平均の年収は約348万円ですが、これはあくまで平均です。

当然、歩合制なのでかなり個人差があり、就職初年度から年収500万円を超えるような人もいたり、ベテランになると年収800万円以上を稼ぐような強者もいるようです。

もし、今の会社で、自分の仕事を正しく評価されていない、給与に反映されていないと思っているのなら、正反対の世界がタクシー業界には広がっているようです。

ただし、稼げる人はそれなりのお客さんを集めるノウハウやコツを持っているものなので、タクシードライバーとしてのたゆまぬ努力や研究は必要なようです。

職場環境についても、ある程度自由がききます。
例えば、働く時間帯が普通の会社とは少し異なります。

昼間に8時間程度働く「日勤」、夜間に8時間程度働く「夜勤」、そして1日に19~21時間ほど働き(途中に、休憩は3時間とらなければいけないと法律で定められています)、次の出勤まで休日を1~2日ほど挟める「隔日勤務」というものがあり、自分のライフスタイルに合わせて調整できます。

働こうと思えば、多くの時間働ける環境ではありますが、疲れて集中力を切らして事故を起こした、なんてことになれば大変ですので、初めは余裕を持った勤務時間の方がいいかと思います。

タクシードライバーになるためには、「普通自動車第二種免許」を取得する必要がありますが、ほとんどのタクシー会社で取得に対する補助制度がありますので、初心者でも始められます。

また、タクシードライバーには男性が多いイメージがあるかもしれませんが、女性も普通に就けます。
むしろ、女性のドライバーを指名するような若い女性などのお客さんもいますので、タクシー会社もそれなりに女性のドライバーを揃えておきたいという思惑もあり、積極的に女性を雇用する会社もあります。

タクシー業界の苦労

タクシー業界を選ぶメリットを挙げていきましたが、苦労するところも少し紹介しましょう。
とはいえ、どの仕事にも大変な面はあると思いますし、今の仕事の苦労やデメリットを考えたら平気、という方は、本当にタクシー業界に向いているかもしれません。

タクシードライバーの最も大変なところは、お客さんを選べないということでしょう。
特に、泥酔状態のお客さんや、お客さん自体が目的地をはっきりとわかっていない方など、日々いろいろなお客さんと接しなければいけません。

ただ、個人事業主のタクシードライバーとは異なり、いろいろな経験を蓄積しているタクシー会社では、接客マニュアルがあるところもありますので、相当特殊なケースを除いてはある程度対応は可能です。

また、車の中では、いくら座りっぱなしとはいえ、車の運転を続けるわけですから、やはり体力勝負という点も大変です。
特に、隔日勤務など普通の会社にはあまりない勤務形態もありますので、慣れない人は眠気との勝負になります。

体力的にはきつそうな仕事かもしれませんが、タクシー業界には定年がなく、65歳を超えてもまだ第一線で働いている方もいるのも事実です。

つまり、自分に合う働き方を見つければ、長く続けられる仕事でもあるのです。
若い人の転職でももちろんいい業界ですが、中高年の転職先としても、タクシー業界は人気があります。

タクシードライバーをするなら大阪がおすすめ

関東圏に次ぐ、日本の大都市圏である近畿圏。その中心都市は大阪です。

先ほど、タクシー業界の平均年収を紹介しましたが、実は、地域によっても年収に差が出ます。
一般的には、大都市の方が年収が高いのです。

日本全国での平均年収が約348万円だったのに対して、大阪府に限定すると、約359万円と全国平均以上の年収があります。

もちろん、関東地方も年収が高いですが、タクシードライバーとしてカバーしなければならない範囲が、大阪に比べるとかなり広いです。
初心者で転職をするならば、大阪あたりの規模が稼ぎやすくちょうどいいです。

また、大阪は近くに京都・奈良・神戸などの国内外から人気のある観光地を多く抱え、観光客が多く訪れる都市でもあります。
観光客が多い地域は、タクシー利用者がぐんと増えますので、お客の数からみても、大阪はおすすめできます。

観光案内に強くなれば、それだけで付加価値のあるタクシードライバーとなれるでしょう。

タクシー会社に転職するなら大阪がいい!

仕事に就いて、一度も「本当にこの仕事でいいのだろうか」と悩まない人はいないと思います。
タクシー業界は、あなたが思う不満を解消してくれるかもしれない業界です。

大変な面もありますが、お客さんが近く、やりがいを感じることも多い仕事です。
特に、外国人観光客に人気の大阪では、タクシードライバーが観光の手助けとなります。

まだまだ成長する大阪の発展に、タクシードライバーとして寄与してみてはいかがでしょう。

-タクシードライバーの給与, タクシー会社の本音と実態, 地域別タクシー情報, 未経験者の気になること, 求人の見方・選び方
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

京都でタクシー乗務員に転職するなら、求人情報をチェックして年収350万円以上目指せるところへ就職しよう

京都でタクシー乗務員に転職するなら、求人情報をチェックして年収350万円以上目指せるところへ就職しよう

タクシードライバーへの転職を考えている人にとって、京都は国内だけではなく、海外からのお客さんも多く訪れる日本屈指の観光地という部分だけではなく、近畿圏での重要都市という側面もあるため、仕事をするにはこ …

神戸市でタクシードライバーへ転職するなら、正社員でのハイヤードライバーを視野に入れること

神戸市でタクシードライバーへ転職するなら、正社員でのハイヤードライバーを視野に入れること

神戸市は観光都市として知名度が高いためタクシードライバーが個人タクシーを含め多く走っています。 自由時間が多く自分のペースで稼げるため他業種からの転職を行う人も多く、第二種運転免許を所持しているなら活 …

兵庫で転職して月収35万円以上も稼げるようなタクシー乗務員になるためには求人情報を比較しよう

もっと稼げるようになりたいから転職先を探しているという人は少なくありません。タクシー乗務員は働き方によってはかなり稼げる職種だと知られるようになってきましたが、なぜ収入を上げられる可能性が高いのでしょ …

大阪でタクシー乗務員の求人に応募した理由を紹介します

大阪でタクシー乗務員の求人に応募した理由を紹介します

40代に入り、転職を希望される方も多くいるのではないでしょうか。 実は私もそんな一人であり、大阪でタクシー会社の面接を本気で受けて見ようと思っています。 今回の記事では、なぜ私がタクシー業界に転職しよ …

神戸エリアで語学力を活かす!VIP送迎で働きがいを見出す!そんなタクシー乗務員の仕事が川西にある!

これから川西でタクシー乗務員への転職を考えている方はいませんか。神戸や大阪に近い大都市圏にあるエリアなので、タクシーのニーズは抜群。 どんどん稼げる環境があります。また業界最大手グループの会社であれば …