関西タクシー転職情報研究所

大阪・京都・神戸でタクシードライバーの求人をお探しの方必読

タクシードライバーの給与 地域別タクシー情報 未経験者の気になること 求人の見方・選び方

神戸市は魅力いっぱいの街!兵庫県でタクシードライバーに転職するメリットを紹介

投稿日:

神戸市は魅力いっぱいの街!兵庫県でタクシードライバーに転職するメリットを紹介
タクシードライバーへの転職を考えている人の中には、タクシー会社選び以前に、どこを勤務地にするかで迷っている人もいるのではないでしょうか。
タクシードライバーはその仕事柄、働いている地域と深く触れ合うことになるため、魅力的な土地だとその分仕事も楽しめるでしょう。

そこで今回は、神戸市のある兵庫県でタクシードライバーになる魅力とメリットを紹介していきます。

神戸の夜は美しい!きれいな夜景のなかを運転できる

神戸は「摩耶山掬星台」が日本三大夜景の一つにも選ばれるほど、夜景が美しい場所です。
街のなかにも数々の夜景スポットがあり、タクシードライバーになると、もちろん運転中は正面に集中しなければいけませんが、お客さんを待っているときなどにはきれいな夜景を堪能できます。

中には夜景目的のお客さんを拾うことができ、一緒に夜景スポットまで行けることも十分あり得るでしょう。

神戸市内の有名な夜景スポットには「高浜岸壁」「中突堤西側」「南京町」などがあります。

「高浜岸壁」は、ポートタワー、神戸海洋博物館、メリケンパークオリエンタルホテルが立ち並ぶ姿が見られる港エリアです。
夜になるとそれらの建物の輝きと港に繋がれた遊覧船の明かりが重なり、幻想的な風景が浮かび上がります。

「中突堤西側」はベイエリアに広がる夜景スポットで、商業施設と高層ビルが織りなす異なる色調の光が楽しめます。
海辺にある観覧車もイルミネーションを放ち、その光は海をエキゾチックな紫色へと染めています。

お客さんの中には、海辺のきれいな夜景スポットを探している人もいるでしょう。
そんなお客さんに当たったときのために、この2つは覚えておいて損はないです。

「南京町」は神戸市の中華街で、オリエンタルな雰囲気がある場所です。
夜になるとランタンなどに明かりがともり、異国情緒の雰囲気はより強くなります。
特に西安門前から見る景色は、色とりどりの明かりが所狭しと輝いていて、力強さを感じる夜景スポットになっています。

南京町も観光客の人気のスポットなので、ここからの往来でタクシーを使うお客さんも多いでしょう。

観光客数1億人超え!観光客の乗客が見込める

タクシードライバーの給与は、基本給+歩合給という場合が多いです。
つまり、お客さんを乗せれば乗せるほど給与は上がっていきます。
そのため、タクシードライバーは、人が多い街で仕事をすれば、それだけ儲けが多くなる可能性も高くなります。

神戸市の人口は2019年6月1日時点で153万人を超えており、人口は日本第6位の都市です。
昼間はビジネスマン、夜は終電を逃したお客さんなどの多くのタクシー利用者が見込め、給与も上がることが期待できます。

また、兵庫県は観光客が多い県として有名です。
兵庫県が「県観光客動態調査」に観光客の実態をまとめた結果、平成29年度に兵庫県を訪れた観光客数の人数が、約1億3905万人にのぼることが明らかになりました。

姫路市にある「姫路城」は日本で一番美しい城と言われるほど、白い外壁がよく映える城です。
世界遺産にも登録されているため、国内外問わずたくさんの観光客が訪れる観光名所となっています。

最寄り駅である姫路駅からのアクセスは徒歩で20分ほどになるので、歩かずにタクシーを利用する人もいます。
また、外国からの観光客はタクシーを利用することが多いようです。

「城崎温泉」は兵庫県を代表する温泉地で、外湯を巡ることで知られています。
城崎温泉付近まで鉄道網が伸びていないので、タクシーが利用されることも多い観光地になっています。

ほかにも、日本の都市公園100選に選ばれた「明石公園」や、さまざまな商業施設が集まっている「神戸ハーバーランド」など、兵庫には多くの人を惹きつける観光地があります。

このように兵庫県のタクシードライバーは、地域住民と観光客の2つの客層を狙うことができるのです。

スポーツ観戦が目的のお客さんも狙える

兵庫県は地域で働くビジネスマンや、観光客を乗客に取り込みやすいところと紹介してきましたが、これに加えて別のターゲット層が存在します。
それがスポーツ観戦客です。

兵庫県には、野球とサッカーで言わずと知れた2つのプロスポーツ団体が存在します。
野球では甲子園、サッカーではノエビアスタジアム神戸に向かう観戦客がタクシーを利用することも十分あります。

2018年の観客動員数は、甲子園が1試合あたり平均40,831人、ノエビアスタジアム神戸は平均21,630人となっています。
また、甲子園のほうは年間62試合が開催され、春と夏には高校野球があるので1年の半分は、野球の観戦客が訪れる機会があるのです。

どちらの球場も、近くに鉄道は通っているものの、これだけの観客が全員電車を利用することは困難です。
こうしたことから一定のタクシー需要がでてきます。
スポーツ観戦客を取り込めれば、売り上げも上昇し、給料も増額するのです。

タクシードライバーに転職するなら、兵庫県を勤務地の候補に入れておこう

兵庫県でタクシードライバーになる魅力やメリットを紹介してきました。
タクシードライバーは仕事をすればするほど収入も上がります。

兵庫県は人口数全国6位の神戸市を抱え、さらに1億人を超える観光客が訪れる県なので、多くのお客さんが期待できます。

また、神戸市でドライバーをやっていると、夜間の乗務では場合によってはきれいな夜景を見ることもできるので役得なところもあります。

-タクシードライバーの給与, 地域別タクシー情報, 未経験者の気になること, 求人の見方・選び方
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

年中無休のタクシードライバーの休みは?

年中無休のタクシードライバーの休みは?

タクシードライバーの仕事は、24時間365日いつでもあります。 そのため、自分がドライバーになったときにシフトがどのようになるのかは気になるところです。こちらでは、ドライバーの休みの制度についてご紹介 …

関西でタクシー運転手に転職するなら解消したい不安なポイント

関西でタクシー運転手に転職するなら解消したい不安なポイント

近年タクシー業界への転職に興味を持つ人が増えていますが、いざ転職をしようとすると不安を抱える人も沢山います。それは実際に行う業務や給与体系を知る人が少ないからです。 しかし、事前に業務内容やタクシー会 …

関西でタクシードライバーへの転職を成功させるポイント

関西エリアでタクシードライバーへの転職を成功させるポイント(大阪・京都・神戸)

タクシー業界への転職を考える際に最も悩ましいのは会社選びではないでしょうか。 転職を成功させるためには事前のリサーチが大切です。 入社する会社が違っただけで収入が大きく変わることもあるので、入社先はよ …

サービス業への転職を考えているなら、正社員雇用のある大阪のタクシー乗務員をおすすめする理由

サービス業への転職を考えているなら、正社員雇用のある大阪のタクシー乗務員をおすすめする理由

今、働いている仕事が、顧客の反応をダイレクトに感じにくく、やりがいを感じない、何となく物足りない、などモチベーションが上がらないと、「転職」という言葉が頭に浮かんでくると思います。 もし、少しでも転職 …

タクシードライバーからハイヤードライバーへのステップアップも可能!大阪で正社員タクシードライバーへの転職を目指すなら、業界トップクラスのタクシー会社へ!

タクシードライバーからハイヤードライバーへのステップアップも可能!大阪で正社員タクシードライバーへの転職を目指すなら、業界トップクラスのタクシー会社へ!

これから大阪でタクシードライバーへの転職を考えている方もいることでしょう。 もし安定して仕事を続けたいのなら、有名な大手のタクシー会社がおすすめです。 給与面や福利厚生はもちろん、キャリアアップへの様 …