関西タクシー転職情報研究所

大阪・京都・神戸でタクシードライバーの求人をお探しの方必読

タクシー会社の本音と実態

魅力的な職種紹介!意外と知らないタクシードライバーの仕事とは?

投稿日:2017年7月2日 更新日:

魅力的な職種紹介!意外と知らないタクシードライバーの仕事とは?
終電を逃した時や駅まで行くのが難しい時、タクシーを利用する人も多いでしょう。普段何気なく利用しているタクシーですが、タクシードライバーの詳しい仕事内容を知らない人もいるのではないでしょうか?今回はタクシードライバーの仕事について詳しく紹介します。

タクシードライバーの概要

タクシードライバーはタクシーにお客様を乗せて目的地まで運ぶのが主な役割です。自分で長距離を歩くのが難しい高齢者や、終電を逃した人にとって非常に便利な交通手段と成り得ます。「薄給激務」というイメージを抱いている人も多いようですが、実は非常に高額な給料が実現しています。ほとんどの会社で完全歩合制を導入し、売上の約60%を自分の給料として貰うことが可能です。例えば1ヶ月で60万円を売り上げれば月収が36万円となります。
タクシードライバーは特殊な勤務体制なので、実はそれほど激務ではありません。会社員よりも休日を取りやすく、1回の勤務時間が長いことが特徴です。1ヶ月の半分を休めても1日で20時間程度の勤務をする所が多く、20時間の内3時間程度は自由に休憩を取ることができます。
タクシードライバーには法人タクシーと個人タクシーの2種類があります。法人タクシーは企業に所属する社員として働き、個人タクシーは自分で所有するタクシーで個人事業主として働くことです。主な業務内容は同じですが、個人タクシーには乗務経験や無事故無違反といったタクシードライバーの経験が必要となります。

他のドライバー職との違いは?タクシードライバーのメリット

タクシードライバーの業務には主に4種類あり、メインの仕事となる「運転及び接客」が1つ目です。駅前などタクシー利用率の高い場所で停車して、お客様を待ちます。荷物の積み込みや運転中の会話といった接客も重要な仕事です。お客様の経済的な負担を軽減するために、最短のルートを選択して目的地に運ぶことがポイントと言えるでしょう。
タクシードライバーの仕事は運転や接客だけではありません。安全かつ快適にお客様を運べるように、日頃から準備しておくことが大切です。2つ目の仕事として「自動車運転前点検」が挙げられます。毎日業務を開始する前に必ず行うことです。まず、運行管理者から工事・渋滞といった道路の状況と天候を聞いてその日の注意点を確認します。この作業を怠るとお客様を乗せた時にトラブルとなる恐れがあるため、必ず行いましょう。アルコール検査によって自分が業務を行って問題ないかチェックすることも、自動車運転前点検に含まれます。その後乗車するタクシーのウインカーやブレーキなどのランプが点灯するか、エンジンオイルやバッテリーなどの機能面に問題がないか確認します。
点検と同じように快適な業務を行うために必要な「洗車」が3つ目の業務です。次に乗車するタクシードライバーやお客様のために、タクシーを常に清潔に保っておくことも重要な役割となります。
最後の4つ目は業務終了後の「納金」です。その日の営業が終了したらタクシーで会社に戻り、売り上げた分を納金します。

タクシードライバーは主に4種類の仕事がある⁉

タクシードライバーの業務には主に4種類あり、メインの仕事となる「運転及び接客」が1つ目です。駅前などタクシー利用率の高い場所で停車して、お客様を待ちます。荷物の積み込みや運転中の会話といった接客も重要な仕事です。お客様の経済的な負担を軽減するために、最短のルートを選択して目的地に運ぶことがポイントと言えるでしょう。
タクシードライバーの仕事は運転や接客だけではありません。安全かつ快適にお客様を運べるように、日頃から準備しておくことが大切です。2つ目の仕事として「自動車運転前点検」が挙げられます。毎日業務を開始する前に必ず行うことです。まず、運行管理者から工事・渋滞といった道路の状況と天候を聞いてその日の注意点を確認します。この作業を怠るとお客様を乗せた時にトラブルとなる恐れがあるため、必ず行いましょう。アルコール検査によって自分が業務を行って問題ないかチェックすることも、自動車運転前点検に含まれます。その後乗車するタクシーのウインカーやブレーキなどのランプが点灯するか、エンジンオイルやバッテリーなどの機能面に問題がないか確認します。
点検と同じように快適な業務を行うために必要な「洗車」が3つ目の業務です。次に乗車するタクシードライバーやお客様のために、タクシーを常に清潔に保っておくことも重要な役割となります。
最後の4つ目は業務終了後の「納金」です。その日の営業が終了したらタクシーで会社に戻り、売り上げた分を納金します。

タクシードライバーの1日の流れ

タクシードライバーは1回の勤務時間が長いので出社時間が早く、帰宅時間が遅いです。会社によって細かい時間は異なりますが、一般的には5時30分に出社して制服に着替えます。6時に点呼を取って朝礼、運行管理者から注意事項の説明となります。乗務員証を受け取ってから点検作業に移り、6時30分に出庫です。朝は都心部へ仕事に向かう人が多いため、都心に向かって走行した方が利用される可能性が高まります。時間帯によって客層が違うので、そのことを理解した上で走行する場所を決めることが大切です。
お客様が途切れ次第、13時頃に昼食をとりましょう。12時は飲食店へ向かうお客様がいるため、昼食は少し時間をずらした方が稼ぎやすいです。夜はタクシードライバーの忙しい時間帯なので早めに夕食をとる必要があり、昼食は待機時間を利用して簡単に済ませる人も多くなっています。適宜休憩をしながら夜も引き続き業務を行います。
22時以降は2割増し料金を設定している会社が多いので、タクシードライバーの稼ぎ時です。バスや電車など他の交通手段を失ったお客様をターゲットにして、積極的に走行します。そのため22時よりも前に長めの休憩をとっておくことが大切です。深夜2時30分頃にお客様を乗せていなければ、会社に戻って無事業務終了となります。納金や洗車を済ませる必要があるため、実際に会社を出るのは深夜3時頃です。次の日が休みであれば帰宅、仕事がある場合は会社の休憩室や仮眠室を利用します。

-タクシー会社の本音と実態
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

国の新たな施策がスタート!女性タクシードライバーを2倍に?

国の新たな施策がスタート!女性タクシードライバーを2倍に?

国土交通省は2016年、女性タクシードライバーの数を2020年までに約14000人に増やすという方針を発表しました。「女性ドライバー応援企業認定制度」が施行され、女性を積極的に雇用した企業は国から認定 …

タクシードライバーはノルマ制?

タクシードライバーはノルマ制?

タクシードライバーを目指す人にとって気になるのが、ノルマの有無です。時には利用客がなかなか訪れないこともある中で、ノルマまで設定されていては仕事として続けていけるかわかりません。 そこで、今回はタクシ …

ブラック企業

ブラック企業と言われる会社が多数 タクシードライバーに転職して大丈夫かな?

ブラックのイメージが強いタクシードライバーに転職を迷われている方は多くいらっしゃると思います。 まずは自分の目指すこと相違がないかを確認して、失敗しない転職をしましょう! 給与保証があったり、高給与だ …

乗務員の年収と給料事情はどうなってる?タクシーの求人が多い京都ではこうやってはたらくのがおすすめ!

乗務員の年収と給料事情はどうなってる?タクシーの求人が多い京都ではこうやってはたらくのがおすすめ!

世界中から観光客が訪れる京都は、世界に日本のおもてなしを発信できる場所でもあります。 タクシーの中でも外国人旅行者への気配りができることで、さらに京都を好きになってもらえるかもしれません。 今回は京都 …

ライドシェアって何?タクシー業界への影響は

最近、ライドシェアが日本でも広まりつつあります。ただ、そもそもライドシェアとはどんなものなのでしょうか。今回は、代表的なライドシェアのサービスと、取り巻く問題点や課題、タクシー業界への影響についてまと …