関西タクシー転職情報研究所

大阪・京都・神戸でタクシードライバーの求人をお探しの方必読

未経験者の気になること

タクシードライバーで働くなら大阪がおすすめ

投稿日:2017年9月7日 更新日:

タクシードライバーで働くなら大阪がオススメ
タクシー車両数が東京に次いで多い大阪では、毎日約2万台ものタクシーが街中を走っています。

大阪では一時期、自由化に伴うタクシー会社の運賃値下げ競争が激しくドライバーのリストラが進んだ時代がありました。その結果、需要が増えつつある最近ではドライバー不足による求人募集が増えている傾向にあるようです。

大阪府のタクシードライバー事情

平均年収 293万円
車両数 約2万台
事業者数 法人は約1,100社(個人は約3,500台)
※年収は「関東旅客自動車交通労働組合連合会」2014年調べ
※車両数、事業者数は「全国ハイヤー・タクシー連合会」2013年調べ

なお大阪市域交通圏などでは、地理試験の合格が条件となります。

プライベートと両立できる

タクシードライバーは、まとまった休みが取れる仕事です。
思っていたよりも休みのスケジュールが立てやすく、主婦の方は家庭と仕事を両立できます。また夜や朝だけと短時間からでも働くことができるので、副業としても人気があります。

タクシーに乗りながら夢を叶える

またタクシードライバーは、収入も悪くありません。
例えば役者を目指している人は稽古の都合に合わせて出番を調整したり、乗務日でも数時間の休憩時間でオーディションを受けることも可能です。絵や歌などアーティスティックな活動も明け番や休みの日に思いっきりできます。
資格を取りたい人もまとまった時間を勉強にあてることができ、空車の時に音声テキストを聞く事もできます。自分で起業したい人は準備をするためのまとまった時間と資金を得ることができますし、乗務中でもちょっとした打ち合わせなら休憩時間にとることができます。

お客様との会話が楽しい

タクシードライバーの醍醐味は、たくさんの人と会話ができることです。話をするのが好きな方には、この仕事がピッタリです。
お客様と一期一会の出会いになることが殆どですので、ちょっとした仕事の話や愚痴、知り合いには話さないようなプライベートの面白い話などをすることがあります。世の中には色々な人がいるものだと感じることができます。
普段、生活している中では出会えないような人に会えるのが楽しいというタクシードライバーの方は案外多いのです。
特に大阪をはじめ、京都や神戸など関西の方は話も面白いので、全国で比べるとそういう楽しみもやりがいにつながります。

-未経験者の気になること
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

京都で語学力を活かす仕事を探している人必見!VIP送迎なども経験できる!働きがいが十分なタクシー乗務員に転職しよう

京都で語学力を活かす仕事を探している人必見!VIP送迎なども経験できる!働きがいが十分なタクシー乗務員に転職しよう

世界中からのVIPのおもてなしの地としても人気の京都は、外国語を活かして働ける地域です。 特にタクシードライバーであれば世界中のお客さまと得意の外国語でコミュニケーションをとれるチャンスがあります。 …

大阪でのサービス業への転職を検討するなら、正社員雇用があるタクシー乗務員がおすすめされている理由

大阪でのサービス業への転職を検討するなら、正社員雇用があるタクシー乗務員がおすすめされている理由

大阪には様々な業種があり、中には異業種からサービス業に転職を検討している人も少なくありません。 そんな人におすすめされているのがタクシー乗務員なのですが、今回は大阪のサービス業への転職でタクシー乗務員 …

大阪でタクシー乗務員の求人に応募した理由を紹介します

大阪でタクシー乗務員の求人に応募した理由を紹介します

40代に入り、転職を希望される方も多くいるのではないでしょうか。 実は私もそんな一人であり、大阪でタクシー会社の面接を本気で受けて見ようと思っています。 今回の記事では、なぜ私がタクシー業界に転職しよ …

年中無休のタクシードライバーの休みは?

年中無休のタクシードライバーの休みは?

タクシードライバーの仕事は、24時間365日いつでもあります。 そのため、自分がドライバーになったときにシフトがどのようになるのかは気になるところです。こちらでは、ドライバーの休みの制度についてご紹介 …

中高年の転職

40代、50代の再就職を成功させるコツ!

40~50代の再就職は難しい。 こんなこと思っていませんか? あきらめるのはまだ早いです。 20代、30代と社会を経験してきたからこそ、活かせるスキルと活躍できる場があります。 さらに40~50代の再 …