関西タクシー転職情報研究所

大阪・京都・神戸でタクシードライバーの求人をお探しの方必読

タクシードライバーの給与 タクシーの気になる疑問に回答 タクシー会社の本音と実態 地域別タクシー情報 求人の見方・選び方

神戸でタクシードライバーとして働く際のポイントは?タクシーの求人事情や年収と給料についても解説

投稿日:


タクシードライバーは地域ごとに特色が分かれやすい職業です。
神戸の場合は国内でも有数の観光都市ということもあり、観光客の利用が多いのが特徴のひとつと言えるでしょう。

そこで、神戸でタクシードライバーを目指す場合はどのような点にポイントを置くべきか、さらに神戸のタクシー求人の傾向や年収と給料についても解説していきます。

神戸だけをじっくり巡って観光するリピーターが多い

2017年度の「神戸市観光動向調査結果」によれば、観光で神戸市を訪れる人の80%以上は神戸市だけを巡っているという結果が出ています。
神戸市以外の兵庫県内の地域や、隣接する大阪府や京都府などを回る観光客は20%にも及びません。

また、日帰りではなく宿泊する観光客が多いことから、数日かけて神戸市内をじっくり観光していることがうかがえます。
しかも、5回以上訪れているという人は全体の40%を超えているうえに、神戸市への満足度も高いことがわかっています。

神戸市を観光で訪れる人が「期待する点」として最も多いのはお祭りやイベントの増加です。
神戸市のお祭りといえば「こうべ海の盆踊り」や「神戸よさこいまつり」が主で、夏に集中しているのも理由と言えるでしょう。

次いで多いものは「案内表示などの充実」、次は「市街地の交通アクセスの改善」と続いています。
実際に、観光で利用する交通手段としてタクシーを利用する人も多く、電車やバスなど公共交通機関の利便性に対して不満を持つ観光客が多いことがうかがえます。

これらのことから、神戸市でタクシードライバーをするには名所はもちろん、リピーターでも満足できる穴場スポットやイベントを熟知することが望ましいと言えるでしょう。

海外からの観光客は減少気味!巻き返しのポイントは?

国内での観光客数や満足度は決して悪いとは言えない反面、海外から神戸市に訪れる観光客の数は減少傾向にあるのが現状です。

2014~2017年までのおよそ3年間で訪れた外国人観光客数は、大阪府や京都府、奈良県と滋賀県などは増加が見られる一方で、兵庫県と和歌山県は20%ほど減少しているという結果が出ています。
政府は、2020年までに約4000万人の外国人観光客を目指すという政策を掲げており、神戸市も地域に見合った対策を練らないと乗り遅れてしまうかもしれません。

外国人環境客を取り込む手段の一つとして、滞在中の利便性を高めることで満足度を上げていくことが求められます。
日本を訪れた外国人観光客が不満に感じていることで多いのは、公共無線LAN環境や公共施設などのスタッフとのコミュニケーションを含む言語のわかりにくさ、そして公共交通機関の利用です。

タクシードライバーにも英語を中心とした言語でのコミュニケーションが求められる時代であり、神戸市に外国人観光客を増やすポイントと言えるでしょう。

神戸市のタクシードライバーの年収や給料はどれくらい?

神戸市でタクシードライバーとして働く場合の給料は15万円前後~20万円前後が一般的です。

ただし、経験や勤続年数に応じて差が出ることも多く、諸手当がついて30万円を超える例もあります。
なかには、残業手当や歩合などを含めて70万円を超える会社も見られますが、ここまでの給料はまれな例と言えるでしょう。

神戸市のタクシードライバー求人の多くが正社員で、賞与は年2回で設定されているケースがほとんどです。
年収で見ていくと、300万円前後~500万円前後と考えておけばいいのではないでしょうか。

少ないケースではありますが、パート勤務の募集も見られます。
その場合の時給は900円前後~1500円程度です。
勤務時間は日中の5~6時間ほどで、介護タクシーのドライバー求人も出ています。

タクシー業界は全体的に女性ドライバーの活躍も増えており、家事と両立したい女性にとっても働きやすい職業と言えるでしょう。
パート勤務であれば扶養内での就労も十分可能です。

勤務時間の配慮や休日も充実!入社祝い金支給の会社も!

神戸市のタクシー会社は、正社員の場合でも実際のシフトや勤務時間の形態は会社ごとでさまざまに設定されています。
日勤と夜勤が隔日になっている会社もあれば、1日のなかで数パターンのシフトが設定されている会社も見られます。
週休二日制を導入しているタクシー会社も多く、個人が働きやすい勤務時間や休日に配慮しているケースが多いと言えるでしょう。

また、AT車や緊急ボタンの搭載など女性ドライバーが安心して働きやすい環境作りに力を入れている会社も見られます。

転職の際にうれしいのは、入社支度金を設けているタクシー会社の存在です。
すべての会社で設けているわけではありませんが、再就職の準備には何かとお金がかかることも出てきます。

もちろん、勤務時間などの条件が自分に合っていることが一番ですが、転職までにブランクができてしまった場合にはうれしい制度であり、利用する価値は十分でしょう。

神戸市の魅力を熟知して英語力も身につけることもポイント!

神戸市の観光客にはリピーターが多いのが特徴的です。
数日滞在してじっくり観光する人が多くいことから、隠れた名所をはじめ神戸市の魅力を熟知したタクシードライバーが求められます。
外国人観光客を伸ばす対策としては言語でのコミュニケーションが取れることも重要なポイントです。

神戸市でタクシードライバーを目指す場合はこれらのことをふまえ、正社員やパート勤務など自分に合った働き方を選んでみましょう。

-タクシードライバーの給与, タクシーの気になる疑問に回答, タクシー会社の本音と実態, 地域別タクシー情報, 求人の見方・選び方
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タクシー乗務員にとって語学力を活かすこともVIP送迎をすることもできて働きがいがある大阪エリア

タクシー乗務員にとって語学力を活かすこともVIP送迎をすることもできて働きがいがある大阪エリア

タクシー乗務員として働きがいのある環境を手に入れたいという人もいるでしょう。 初めてタクシー乗務員になる人だけでなく、今までキャリアを積んできた人も考えることが多い問題です。 大阪エリアでタクシー乗務 …

京都でタクシードライバー転職を考えるなら月収35万円以上で保証給・教育制度充実の職場を目指そう

京都でタクシードライバー転職を考えるなら月収35万円以上で保証給・教育制度充実の職場を目指そう

京都でタクシー会社に転職したい場合は、しっかりとした収入だけではなく、教育制度であったり福利厚生面でのサポートも手厚い職場を選びたいものです。 京都は関西の中でも名所が多く、観光タクシーとしての需要も …

転職の求人情報から兵庫で年収350万円以上のタクシー乗務員を目指す

転職の求人情報から兵庫で年収350万円以上のタクシー乗務員を目指す

兵庫でタクシー乗務員に転職をするならどのようなところに就職をして、どのような環境で働くのが良いのでしょうか。 兵庫といっても瀬戸内海側から日本海側まで面積がとても広い地域で、全国でも知られる都会や観光 …

神戸エリアで語学力を活かす!VIP送迎で働きがいを見出す!そんなタクシー乗務員の仕事が川西にある!

これから川西でタクシー乗務員への転職を考えている方はいませんか。神戸や大阪に近い大都市圏にあるエリアなので、タクシーのニーズは抜群。 どんどん稼げる環境があります。また業界最大手グループの会社であれば …

関西のタクシー業界でドライバー転職なら、indeedなどでも評判が良い会社へ!

関西のタクシー業界でドライバー転職なら、indeedなどでも評判が良い会社へ!

働き方も多種多様な世の中になってきました。あなたは今のお仕事に満足していますか?時間の融通がきき、プライベートも充実するタクシードライバーはいかがでしょうか いま関西のタクシー業界へ転職を考えている方 …